体臭を身体の中から予防

自分の体臭がどうしても気になるという方はどのような対策をされていますか。

汗をかいたらこまめに下着を変える、靴下を一日に買い履き替えるようにする、ブーツは履かないようにする等‥その方法も様々ありますよね。また体臭がきつくなるような食べ物を控える、というのも有効な方法です。ニンニクの成分は汗や体臭と一緒に体の外に出ますので、これを食べすぎるとやはり臭いの原因になります。そしてタバコの臭いはきつい体臭の元と言えるでしょう。たばこを吸う方の周りは寄るだけで臭いがしますよね。服に付いて取れないタバコの臭いもありますが、その人自身から出てくるタバコの臭いもあります。たばこもニンニク同様に汗や体臭として体の外に排出されます。だから匂うのですね!また加齢臭が気になる、という方もいらっしゃいます。加齢臭は、体の中の不要物の処理がうまくできない時に臭いがきつくなるようです。年齢を重ねると新陳代謝が落ちていくものです。ですから体に不要物が溜まりやすくなります。その結果それが加齢臭として臭いの原因になってしまうことも。前述した下着をこまめに変える、と以下清潔を心がける、という事で退部その匂いの元を防ぐことが出来ます。

 

そんなきつい体臭の予防策としてサプリメントを常時服用する、という方法があります。少し前なら「ローズサプリ」が人気でしたが、今ではそれ以外にも様々なものが出ています。例えば…、カテキンの消臭作用を利用したポリフェノールの成分を利用してもの等。どれも体の中に入って臭いの元と反応することで効果が実感できます。即効性のあるもので3日~1週間でその効果が期待できるものもあります。臭いが気になっている方は是非お試しください。また近頃の体臭サプリの一つとしてハーブの効用を利用して腸内環境を整えることで体臭を防ごうと、いうものもあります。こちらは便秘などをまず解消して、それから利用することでその効果を実感できそうです。

 

体臭は一度気になりだすととっても気になっていくもの。まず清潔を心がける事、そして体の中からケアできる方法があるのなら是非、それを試してみましょう。

 

体臭を防ぐ方法

今現在、ワキガでもないのに体臭がきついとお困りの方、もしかして毎日の食生活の中心が動物性たんぱく質に偏っていませんか?

きつい体臭を発生させる原因として肉の他にもチーズなどをたくさん食べると体臭がきつくなる、と言われます。きつい体臭をどうにかしたい、とお思いの方は動物性たんぱく質を少し控えて(もちろん適度に食べることは必要です!)、食物繊維や緑黄色野菜をたくさん食べるようにしましょう。

またニンニクも体臭をきつくさせると言われます。ニンニクも適度の接収は健康に良い影響をもたらせますが、何でも過ぎたるは及ばざるがごとしで、過剰摂取は逆の効果をもたらします。体臭を気にされている方はニンニクも控えめにして下さい。

 

体臭ではないけれど、きつい口臭に即効性のあるものとして口臭を防ぐ効果のあるガムを利用することもお勧めです。口臭の原因となる物質に直接働いてくれるのでその効果が期待できます。

 

また便秘もきつい体臭の元になるという事が分かっています。これは腸内の不要物が臭いの原因となるガスを生み出し、それがもとで体臭となります。きつい体臭を予防する意味でも便秘にならないことが大切ですね。便秘解消に効果があるのは前述したように、食物繊維の多く含まれる食べ物を取ることが良いでしょう。具体的にはゴボウやサツマイモなど良く知られる野菜に加えて海藻を食べるのも良いでしょう。あまり知られていないかもしれませんが、マグネシウムも腸内の活動を活発にするので便秘解消に効果があると言われています。マグネシウムを取るのには海藻類に加えて、硬水を飲むのも良いでしょう。ヨーロッパから輸入される水は硬水であることが多いので、日本人には便秘解消を助けてくれるでしょう。

 

体臭の原因が遺伝出ない場合は日常生活を見直すことでかなり改善されるはずです。でも遺伝的な要因で体臭がきついときは、こまめに下着を変える事、かいた汗をほおっておかない事、毎日清潔を心がける事、これらは体臭を防ぐうえでの鉄則です!

体臭の主な原因とは

他人から清潔感を持っている人と思われたかったら身だしなみを気にすること、歯の事を気にすること、そして体臭を気にしてください。体臭は自分で歯もなれた臭いになって何も感じることはありませんが、でも誰でも体臭がありますし、それがきつい匂いだと周りに不快感を与えるので注意が必要です。体臭に付いて少し考えてみましょう。

 

体臭は年齢を重ねると徐々にきつくなっていく傾向があります。これは汗が酸化してそこからきつい匂いになる、というのが一般的な考えです。老臭、または加齢臭とも最近では言われるようになりましたが、かいた汗が酸化した臭いが加齢臭と呼ばれるとしたら、これって若い人にだって同じように発生する匂いだと思いませんか?若い人の方がむしろ汗をかいていますから。という事は、なぜ加齢臭と騒がれるのでしょうか。一つにお年寄りは毎日お風呂に入れない寝たきりの方や洋服を毎日洗濯せずに何日間か続けて着られる方がいらっしゃいます。毎日服を着替える、という事は日用生活、身の回りの事を自分で出来る方にはなんてことないのですが、体が不自由だったり、寝たきりのお年寄りには大変なことです。ですから何日間か同じ服を着続ける。そうなると当然、体から出た汗等が拭くにそのまま残り、それが臭いの原因になったりするわけです。どんな方、赤ちゃんだったそうですが、人間が一日過ごしていると何かと臭いの原因となるものが体から出てくるものです。加齢臭を気にしていらっしゃる方がもしいるとしたら、まず対策としてできることは清潔にすることを心がけることです。出来れば毎日、せめて下着類は交換して、せめて足だけでは洗いたいものです。

 

また他人に不快感を与える体臭として、たばこの臭いがあります。例えヘビースモーカーでなくともたばこの成分は汗に交じって体外に排出されます。たばこを吸っている方のすぐ隣を通ると、その時にタバコを吸っているわけでもないのにたばこ臭いを感じるのはそのためです。たばこを吸っている方の香水のにおいがきついのはこのたばこ臭を隠すためでもあるのでしょうね。

 

二日酔いの人の体臭もきつい傾向があります。少しくらいの二日酔いならそこまで臭いはしませんが、でも人によってはかなり匂うこともあります。二日酔いの臭いはたいてい、1,2日ほどで消えますが、それでもやはり良し、とはされないもの。ですからお酒もほどほどにしましょう。

 

このように体臭の対策は清潔を保つことにあります。いくら清潔にしてもまだ体臭が本当にきつい…という方がもしいらっしゃったら一度お医者さんに診てもらうことをお勧めします。もしかするとその体臭の原因に病気がかかわっているかもしれませんので。