体臭を防ぐ方法

今現在、ワキガでもないのに体臭がきついとお困りの方、もしかして毎日の食生活の中心が動物性たんぱく質に偏っていませんか?

きつい体臭を発生させる原因として肉の他にもチーズなどをたくさん食べると体臭がきつくなる、と言われます。きつい体臭をどうにかしたい、とお思いの方は動物性たんぱく質を少し控えて(もちろん適度に食べることは必要です!)、食物繊維や緑黄色野菜をたくさん食べるようにしましょう。

またニンニクも体臭をきつくさせると言われます。ニンニクも適度の接収は健康に良い影響をもたらせますが、何でも過ぎたるは及ばざるがごとしで、過剰摂取は逆の効果をもたらします。体臭を気にされている方はニンニクも控えめにして下さい。

 

体臭ではないけれど、きつい口臭に即効性のあるものとして口臭を防ぐ効果のあるガムを利用することもお勧めです。口臭の原因となる物質に直接働いてくれるのでその効果が期待できます。

 

また便秘もきつい体臭の元になるという事が分かっています。これは腸内の不要物が臭いの原因となるガスを生み出し、それがもとで体臭となります。きつい体臭を予防する意味でも便秘にならないことが大切ですね。便秘解消に効果があるのは前述したように、食物繊維の多く含まれる食べ物を取ることが良いでしょう。具体的にはゴボウやサツマイモなど良く知られる野菜に加えて海藻を食べるのも良いでしょう。あまり知られていないかもしれませんが、マグネシウムも腸内の活動を活発にするので便秘解消に効果があると言われています。マグネシウムを取るのには海藻類に加えて、硬水を飲むのも良いでしょう。ヨーロッパから輸入される水は硬水であることが多いので、日本人には便秘解消を助けてくれるでしょう。

 

体臭の原因が遺伝出ない場合は日常生活を見直すことでかなり改善されるはずです。でも遺伝的な要因で体臭がきついときは、こまめに下着を変える事、かいた汗をほおっておかない事、毎日清潔を心がける事、これらは体臭を防ぐうえでの鉄則です!